アイントラハト・フランクフルトは現地時間12日に行われるUEFAヨーロッパリーグ・ベスト16ファーストレグでFCバーゼルをホームに迎えます。記者会見に出席したアディ・ヒュッター監督とMFジブリル・ソウがこの一戦に向けてそれぞれの意気込みを語りました。

アディ・ヒュッター監督

FCバーゼルとの試合に向けて。

私はヤングボーイズ・ベルンではFCバーゼルの国内リーグでの8年間に渡っていた圧倒的な地位を失わせることができた。だが、彼らはそれでもスイスではビッグチームだし、国際的な舞台でも成功している。安定し、チームには例えばヴァレンティン・シュトッカーやファビアン・フライ、タウラント・ジャカといった豊富な経験を持つプレーヤーたちがいる。

新型コロナウイルスについて。

我々は医師たちから対策などについて教わっている。チーム内では医療の面においてあらゆる予防策を準備しているが、あまりそれらに左右されてはいけないだろう。サッカーをプレーするとき、相手に距離を置くことができないからね。

チームの状態は?

長期離脱中の選手たちを除けば、みんな出場可能の状態だ。

安定感を欠いているようだが。

レヴァークーゼン戦での酷いパフォーマンスに対してリアクションを見せなければならない。これまではアウェーで上手くいっていなかったため、ブンデスリーガでは少しばかりか苦戦している状況が続いている。だが、チームに敬意を払わなければならない部分もある。もう3月なのに、まだ3つのコンペティションを戦っているのだからね。特にホームでは何度も良い結果を出してきたので、明日も非常に良いプレーを見せることができると信じている。

 

 

ジブリル・ソウ

FCバーゼルについて。

彼らは何年間もスイスで明確なナンバー1だったクラブだ。リーグでいくつかのライバルが浮上してきたけど、バーゼルは今でも大きなクラブだよ。ヨーロッパリーグでも良いプレーを見せてきている。僕たちは大きな挑戦となることを覚悟しているよ。

スイスのリーグは中断されているが。

僕は幸い選手としてシーズン最中の中断を経験したことがないので、どれほど影響があるのか評価するのは難しい。コロナはスイスでは、ここよりか遥かに大きな騒ぎになっているんだ。

明日の試合に向けて。

みんなモチベーションが最高に達しているよ。勝つためにすべてを出し切るつもりだ。

シェア
ブックマーク