アイントラハト・フランクフルトFWのゴンサロ・パシエンシアは今シーズンのリーグ戦では6ゴールを記録するなど活躍。インタビューに応じ、ヨーロッパリーグで臨むギマランイシュ戦などについて話してくれました。

これからの試合に向けて。

今週もまた大事な2試合を控えている。そのうち、少しばかり大事なのは木曜日の試合だね。それには必ず勝たなければいけない。ロンドンでのハードワークによりつかんだチャンスだからね。ヨーロッパリーグで次のラウンドに進出して、このクラブの歴史に残るチャンスだ。

ヴィト―リア・ギマランイシュについて。

ヨーロッパリーグではいつもそうだが、また難しい試合になることを予想している。ギマランイシュとの第1戦でも見られたし、そこでもハードワークを強いられた。だが、アドバンテージとして、今回は試合までの日数がより多いことを挙げるべきだろう。木曜日はよりフレッシュな状態でプレーできる。

でももちろんギマランイシュは勝つためにここにやって来るし、良い試合を見せ、ポジティブな結果でヨーロッパリーグを終えたいだろう。しかし、彼らはフランクフルトでは熱狂的な雰囲気を覚悟しなければいけない。僕たちは彼らには余裕を与えないつもりだ。僕たちが勝つことを望んでいるし、それが僕たちの一番の目標だ。

ポルトガル人としてギマランイシュについてどのようなアドバイスを送れるか。

伝統を持つポルトガルのクラブだ。この10~15年間良い仕事をしてきている。ほぼ毎年のようにヨーロッパリーグの出場権や国内カップを巡って戦っている。自分たちのクオリティーを示したがっている若手が多い。何人かは以前、出場機会に恵まれなかったビッグクラブに所属していたこともある。だが、先ほどにも言った通り、フランクフルトでは僕たちの方が上であることを見せつけなければいけない!

今シーズンすべての試合に出場したが、コンディションは?

とても調子が良い。こうなるために一生懸命働いてきたので良いフィーリングを得ている。ここに来てから上手くできていることも示されるね。もちろんそれには大きな幸せを感じている。でも一番大事なのはチームとして良いプレーを見せることなんだ。残念ながら今のところは全てが順調ではないけどね。

フィジカル面はみんなトップコンディションだと思う。それを僕たちの運動量や闘争心によってどの試合でも証明されている。状況がもうすぐ変わると感じているんだ。結果もそれを反映すると信じている。そういったフィーリングがある。サッカーはそういうものだ。いくら頑張っても上手くいかないときがある。大事なのは、下を向かず道を歩み続けることだ。そうしたら結果もついてくる。

シェア
ブックマーク