DFBポカール2回戦ザンクト・パウリ戦で2ゴールをマークしたバス・ドストがインタビューに応じ、ブンデスリーガ第10節バイエルン・ミュンヘン戦に向けた意気込みを語ってくれました。

バス・ドストはザンクト・パウリ相手にドミニク・コールの「ドリームパス」から2-0をマーク
バス・ドストはザンクト・パウリ相手にドミニク・コールの「ドリームパス」から2-0をマーク

カップ戦を制した気分は?

気分は良いし、昨日の試合は苦しめられた場面もあったけど、それでも次のラウンドに進出してハッピーだよ。負傷明けだったので試合中に痛みを感じるか、気にはなっていたけど、フィットネスには良い感触を得ている。

2ゴール挙げたが、自身のプレーには満足?

昨日先発させてもらってプレーできたのは嬉しかったよ。昨日の試合に関しては、ヒンティー(マルティン・ヒンターエッガー)の最初のクロスはスーパーだったことを言わなければいけない。ダイレクトに頭で叩き込めた。それにドミニク(・コール)からドリームパスを受けて、2-0を決めることができた。だから昨夜は僕にとって最高だったね。

土曜日のバイエルン・ミュンヘン戦に向けて。

土曜日の試合はポジティブなフィーリングで迎えるよ。ホームでの試合はいつも特別なものだからね。バイエルンの方が優勢と見られるが、僕たちはすべてを尽くして見せる。

どのような試合になると思うか。

バイエルンは土曜日はどのようにプレーするのかは分からない。ただ、自分たちに関しては、シーズンへのスタートは良かったと言えるだろう。僕たちのホームなので、すべてが可能だ。僕たちはコメルツバンク・アレーナではまだ負けなしだし、これからもそれを維持していくつもりだ。

シェア
ブックマーク