DFBポカール2回戦、アイントラハト・フランクフルトはアウェーでFCザンクトパウリと対戦します。

DFBポカール2回戦、2016/17シーズンまでアイントラハトに所属したヨハネス・フルムや宮市亮を擁するザンクトパウリと敵地で激突する。

アイントラハトが初めてザンクトパウリと対戦したのは1970年12月12日に行われたDFBポカール。当時のアイントラハトは名将エーリッヒ・リベックが率い、レジェンドであるユルゲン・グラボウスキとベルント・ヘルツェンバインが攻撃を牽引。延長戦まで縺れ込む難しい試合もアイントラハトが3-2で敵地で勝利を手にしている。両クラブがブンデスリーガで相対するのはこの試合から約7年後。アイントラハトはこのシーズン、ホームでは5-2で勝利しているが、敵地では3-5で敗れ、その後はミラントアでに勝利から遠ざかっていたが、2010/11シーズンにゲカスの2ゴールもあり、3-1で勝利を手にして遂にこの呪縛を破る。

クラブのレジェンドの1人であるアレックス・マイアーがプロとしてスタートし、アイントラハト退団後の昨シーズンに所属したザンクトパウリ。昨シーズンは16試合に出場し、6ゴールを記録している。マイアーや現在所属するフルムの他にも多くの選手が両クラブに在籍した経歴を持つ。両者にとって縁のあるクラブと言えるだろう。

DFBポカール2回戦は現地時間20:45キックオフ。



【試合詳細】
キックオフ:2019年10月30日(水)20:45
対戦相手:FCザンクトパウリ
スタジアム:ミラントア・シュタディオン

シェア
ブックマーク