ブンデスリーガ第5節、アイントラハト・フランクフルトはホームでボルシア・ドルトムントと対戦しました。

EL初戦をホームで戦った後、中2日でホームに昨シーズン準優勝の強豪ドルトムントを迎えたアイントラハト 。アディ・ヒュッター監督は幾らかメンバーを入れ替える。この試合も長谷部誠はリベロのポジションで先発入り。これまでトップ下に入ってチームの攻撃のタクトを振るっていた鎌田大地がベンチスタートとなり、替わりにソウが入る。

アイントラハトは開始からドルトムントにボールを支配されるが後方からブロックを敷いて対応して行く。しかし、11分には右サイドからのグラウンダーのクロスをダイレクトで打たれる。トラップが一度はシュートを防ぐも、こぼれ球を折り返され、ヴィッツェルに押し込まれてしまう。早い時間帯に同点に追い付きたいアイントラハトだが、ドルトムントにボールを支配され、なかなか自分たちのボールにできない時間が続く。徐々に落ち着きを取り戻したアイントラハトは、カウンターを狙って行く。35分には長谷部がフィールド中央で狙い澄ましたインターセプトを見せ、ドルトムントゴール前までボールを運ぶがシュートまでは持ち込めず。同点弾が生まれたのは43分。ソウの右サイドからの折り返しをシルバが押し込む。アイントラハトが1−1の同点に持ち込み、前半を終える。

後半は開始から一進一退の攻防を繰り広げる両チーム。47分には左サイドのクロスをドゥルムがダイレクトでシュートするが相手DFに阻まれ、そこからドルトムントのカウンターがスタート。ゴール前まで持ち込まれピンチを迎えるが守護神トラップが好セーブを見せ、ゴールを死守する。その後も激しい攻防を見せる両チームだったが、アイントラハトは65分にFKのこぼれ球から追加点を許してしまう。直後に鎌田を投入し、ゴールを目指すアイントラハト。69分には交代で入った鎌田がドリブルで切り込み、右足でシュートするがGKの正面に。72分には右サイドからのクロスが流れてきたところをコスティッチが狙うが枠の上へ。猛攻を仕掛けるアイントラハトだが、ドルトムントの守備を前に苦戦を強いられる。79分にはパシエンシアに替えてドストを投入したアイントラハト。鎌田とドストの投入で攻撃に幅を持たせてドルトムントゴールに攻め込む。迎えた88分、ヒンターエッガーのエリア左からの強烈な折り返しを鎌田が合わせ、相手選手に当てながらもネットを揺らしてスコアを2−2の同点にする。その後もゴールを狙うアイントラハトだったが、このまま試合は終了。



ブンデスリーガ第5節、アイントラハト・フランクフルトはホームでボルシア・ドルトムントに2−2で引き分けました。


この試合、長谷部誠選手は先発フル出場。鎌田選手は66分から出場し、チームの勝ち点1獲得に導くゴールを演出しました。



【スターティングメンバー】
GK:トラップ
DF:ヒンターエッガー、トゥーレ、長谷部
MF:フェルナンデス、ソウ、コスティッチ、ドゥルム、コール
FW:ドスト、シルバ

【得点】
アイントラハト:シルバ(43分)、オウンゴール(88分)
ドルトムント:ヴィッツェル(11分)、サンチョ(66分)

【交代】
アイントラハト:コール→鎌田(66分)、パシエンシア→ドスト(79分)
ドルトムント:フンメルス→ザガドゥ(63分)、サンチョ→ブラント(73分)、アルカセル→ゲッツェ(76分)

【警告】
アイントラハト:トゥーレ(65分)、チャンドラー(90+1分)
ドルトムント:フンメルス(32分)、ハキミ(86分)

シェア
ブックマーク