アイントラハト・フランクフルトは現地時間19日にはUEFAヨーロッパリーグの初戦でアーセナルと、22日のブンデスリーガ第5節ではボルシア・ドルトムントと対戦。ジェルソン・フェルナンデスはそれらホームマッチを前にインタビューに応じてくれました。

アウクスブルク戦では望むような結果を得られなかったが。

あの試合に関しては昨日の朝、みんなで分析し、前半はアグレッシブさ、明確さが足りなかったことがわかった。だから自分たちが目指すパフォーマンスを見せられなかったんだ。僕たちのプレス、そしてボールロストの場合のゲーゲンプレスは物足りなかった。とにかく消極的になり過ぎていた。アウクスブルクは開始1分でリードを奪うチャンスもあった。でもどの試合も教訓にするためにある。

アーセナルとドルトムントをホームに迎えることについて。

それは僕ら選手たちだけではなくクラブにとっても特別なこと。アーセナルFCと対戦して3日後にはボルシア・ドルトムント戦だ。絶対的なビッグゲームだね。しっかりと準備をしていきたい。

アーセナルについてはどう思うか。

彼らのチームのクオリティーには疑問はない。昨シーズン、ヨーロッパリーグのファイナルまで勝ち上がったことはたくさんを物語る。本来は僕たちがバクーで彼らと対戦するはずだったね。残念ながらそうならなかったけど、アーセナルは経験が豊富だし、優れた選手がたくさんいる。

雰囲気は楽しみにしている?

アイントラハトがアーセナルと対戦するのだから、きっとチャンピオンズリーグ戦とも比較できるような雰囲気になるだろう。サポーターたちはそのような相手、そしてもちろん自分たちのチームを見ることを心待ちにしている。木曜の夜、コメルツバンク・アレーナ、満杯のスタジアム…。街全体、いやヘッセン州、ドイツ全国が僕たちを応援してくれる。美しい夜になるよ!

シェア
ブックマーク