アイントラハト・フランクフルトはマルク・シュテンデラと双方の合意の下で契約を解消することになりました。

カッセル生まれのシュテンデラは2010年にアイントラハトの下部組織に加入し、2015年には初めてのプロ契約にサイン。同選手は2013年4月6日に17歳3カ月27日と当時ブンデスリーガ史上5番目の若さでデビューしました。

ブルーノ・ヒューブナーSD(スポーツディレクター)は23歳のMFに向けて次のようなコメントを残しました。

「まだ若いマルクのキャリアに環境を変えることは好影響をもたらすだろう。我々は彼のクオリティから早々と新しいクラブを見つけ、そこでは自分の力を発揮できると信じている。彼に幸運を祈る」

2014年のU-19 EUROの優勝メンバーであるシュテンデラはアイントラハトでは公式戦89試合に出場して5ゴールを記録しました。

シェア
ブックマーク