アイントラハト・フランクフルトは現地時間22日に行われるUEFAヨーロッパリーグ予選プレーオフ・ファーストレグでRCストラスブールと対戦。アディ・ヒュッター監督はGKケビン・トラップとともにこのアウェーマッチに向けた記者会見に臨みました。

取材陣の質問にフランス語で応じ、アディ・ヒュッタ―監督の通訳もこなすケビン・トラップ
取材陣の質問にフランス語で応じ、アディ・ヒュッタ―監督の通訳もこなすケビン・トラップ

アディ・ヒュッター監督

ストラスブールのチームについて。

サイドから仕掛ける優れたチームだ。サイドをうまくケアしなければならない。前方に向かう姿勢がよく、戦術面はフレキシブルであるうえ、攻守の切り替えも上手い。

ファーストレグに向けて。 

両チームともヨーロッパリーグ本選出場を目指している。なので、大事な試合になるのは間違いないし、我々は当然良い結果がほしい。明日の試合では有利な状況を作ることを狙う。

バス・ドストの加入はまだのようだが。

もちろん、移籍が今日にも決まることを望んでいる。そうすると、セカンドレグでは選択肢に入るのでね。ファーストレグに関してはいずれにしてもテーマになり得ない。

 

GKケビン・トラップ

スタジアムの雰囲気や相手について。

ここの雰囲気は知っている。彼らのサポーターは僕たちのと似ており、この小さなスタジアムで自分たちのチームを無条件で応援し、ストラスブールを支えている。チームのことも知っているよ。非常にフィジカルなプレーをする。パリの選手としてここに来たときは苦しめられた。大きな試合となるだろう。メンタルにおいても覚悟を決め、集中しなければいけない。この試合はシーズンの今後に影響するからね。

この試合の位置付けは?

去年はファンたちとともに美しい経験をしたが、それを繰り返したい。だからこの試合はとても大事になる。今の目標はグループステージ。僕たちチームにとって、そしてクラブやサポーターたちにとって、またヨーロッパリーグでプレーするのはとても大きなことだよ。非常に難しいことなのは知っている。

国際舞台での経験について。

昨シーズンはたくさんの決戦を経験したので、何が重要なのかは把握している。たくさんの勝利、大きな勝利で自信をつけた。

シェア
ブックマーク