アイントラハト・フランクフルトは18日のブンデスリーガ開幕節でホッフェンハイムをホームに迎えます。アディ・ヒュッター監督はその試合に向けた記者会見に臨みました。

ブンデスリーガの開幕を楽しみにするアディ・ヒュッタ―監督
ブンデスリーガの開幕を楽しみにするアディ・ヒュッタ―監督

ブンデスリーガの開幕について。

ほかのブンデスリーガチームの監督たちと同様、私も新シーズンを楽しみにしている。監督はそれぞれ自分のアイデアを持っているため、みんなにとってエキサイティングになるだろう。私はとてもスリリングなブンデスリーガシーズンになる可能性は十分あると考える。各方面で大きな挑戦が待っている。

それと同時に我々はストラスブール相手に(ヨーロッパリーグの)グループステージ進出を目指し、再びヨーロッパ舞台での夜を味わいたい。まだたくさんの仕事を残し、難しい試合になるのは確かだ。昨シーズンのパフォーマンスレベルを再現することができれば、それはもう大きな成功だろう。

新シーズンへのアプローチは?

私はシーズンの前に、もっとバリエーションが必要だと話した。常にプレスばかりして90分間パワーフットボールをプレーするのは不可能だ。インテリジェントなプレーをして、別の顔を見せなければならない。それができるかどうかは日曜日も問われることになる。

ホッフェンハイムはクリーンな技術でサッカーをする。ボールロストの際、フォーメーションを戻すか、ゲーゲンプレスに入ることを試みながら、勇敢な姿勢を維持していかなければならない。ホッフェンハイムはポカールで我々よりも苦戦したと言ってもおかしくないかもしれない。両チームとも日曜日にしか現在値を知ることができない。

セバスティアン・ローデについて。

実戦に復帰して、ひざも問題なかったことをうれしく思う。ひさびさのプレーにしてはしっかりやってくれたね。スタメン候補かどうかに関してはまだ決めてはいない。彼は慎重に扱うべきだろう。日曜日までには彼と話すつもりだが、とにかく戻ってきたこと、そして競走が激しくなることを私は喜んでいる。

鎌田大地について。

私はダイチはホッフェンハイム戦でインパクトを残せることを強く信じている。私は彼のボールを持ったときのプレーだけではなく、身体の使い方も気に入っているよ。もちろん、ブンデスリーガはまたちょっとばかりか違うが、彼は適応するだろう。ダイチは今年とても良い形で成長するだろう。

マルコ・ルスはファドゥーツとのセカンドレグで負傷したが。

彼のケガは本当に残念。どれほど長期に渡った離脱を強いられるのか知っているため、本当に悲しい気持ちになった。マルコは手術を受けにミュンヘンに向かっている。長い離脱を覚悟しなければならない。

シェア
ブックマーク