UEFAヨーロッパリーグ・予選3回戦・2ndレグ、アイントラハト・フランクフルトはホームでリヒテンシュタインのFCファドゥーツと対戦しました。

3回戦1stレグ、敵地で5−0でファドゥーツに先勝して迎えた2ndレグ。18日(日)にはリーグ開幕戦を控えるアイントラハトは一部のメンバーをローテーションし、長谷部誠やコスティッチといった主力選手数名を休ませて試合に臨む。

前半、最初にチャンスを得たのはアイントラハト。3分、右サイドから流れてきたボールを1トラップし、チャンドラーがシュートするが、相手DFのブロックに阻まれてしまう。7分にはファドゥーツにエリアの外からシュートを許すがGKトラップがキャッチ。ボールを支配するも決定機を作れないアイントラハトは22分にはファドゥーツにエリア内から危険な場面を作られてしまうが、強烈なシュートもトラップが右手1本で弾き出す。スコアが動いたのは32分。デ・グズマンがエリアに入ったガチノヴィッチへパスを送ると見事なタッチからシュートに持ち込む。シュートはバーに弾かれるがデ・グズマンが押し込み、先制点を奪取する。その後はペースを握るアイントラハトだが、37分にはルスがアキレス腱を負傷し、交代を余儀なくされてしまう。不運に見舞われたアイントラハトだが終盤はファドゥーツゴールに襲い掛かる。40分にはCKのこぼれ球をトゥーレがオーバーヘッド。しかし、惜しくもバーに阻まれてしまう。アディショナルタイムにも細かいパスワークから崩して最後はデ・グズマンがシュートするもGKの好守に阻まれてしまう。1点リードで前半を終える。

後半はスタートからファドゥーツを押し込むアイントラハト。ガチノヴィッチが積極的に前へと飛び出し、攻撃に勢いをもたらしていく。58分にはガチノヴィッチがドリブルで仕掛け、エリアの外からシュートを狙うがGKに阻まれる。65分にガチノヴィッチに替えてパシエンシア、72分にはローデに替えて鎌田を投入するアイントラハト。79分には交代で入った2人のパス交換から鎌田が抜け出してチャンスを演出。エリアの右に侵入した鎌田からヨヴェリッチへ折り返すが惜しくもGKの好守に阻まれてしまう。その後も攻めるアイントラハトだが、追加点は生まれず。1−0で試合終了。


UEFAヨーロッパリーグ予選3回戦・2ndレグ、アイントラハト・フランクフルトはホームでリヒテンシュタインのFCファドゥーツに1−0で勝利しました。

この試合、鎌田選手は72分から途中出場し、チャンスを演出しました。
長谷部選手はメンバー入りしませんでした。




【スターティングメンバー】
GK:トラップ
DF:ヌディカ、トゥーレ、ルス
MF:デ・グズマン、ガチノヴィッチ、トロ、ローデ、ダ・コスタ、チャンドラー、ドゥルム
FW:ヨヴェリッチ

【得点】
アイントラハト:デ・グズマン(32分)
ファドゥーツ:なし

【交代】
アイントラハト:ルス→ヒンターエッガー(37分)、ガチノヴィッチ→パシエンシア(65分)、ローデ→鎌田(72分)
ファドゥーツ:サター→シュヴァイツァ(66分)、プロコピッチ→フリック(74分)、チチェク→ミリンチェアヌ(80分)

【警告】
アイントラハト:ローデ(38分)
ファドゥーツ:ズルンガス(38分)、プロコピッチ(43分)

シェア
ブックマーク