UEFAヨーロッパリーグ・予選3回戦・1stレグ、アイントラハト・フランクフルトはアウェーでリヒテンシュタインのFCファドゥーツと対戦しました。

ヨーロッパリーグ予選2回戦、エストニアのFCフローラ・タリンに合計スコア4-2で勝利し、3回戦へと駒を進めたアイントラハト。敵地リヒテンシュタインでFCファドゥーツと激突。


この試合、アイントラハトは長谷部誠がリベロのポジションで、鎌田大地がツートップの一角として先発出場。先週、アウグスブルクから完全移籍で復帰したヒンターエッガーもスタメン入りする。

試合開始からファドゥーツのゴールに迫っていくアイントラハト。11分にはコスティッチのロングシュートで幸先よく先制点を奪うと27分にもコスティッチが決めてリードを広げる。35分にはカウンターからガチノヴィッチがドリブルで駆け上がり、DFラインの裏に抜け出したコスティッチへ。エリア内でGKと1対1になるが惜しくも好セーブに阻まれてしまう。この直後には鎌田の右CKからパシエンシアがヘディングでゴールを狙うが枠を捉えきれず。その後も攻め続けるアイントラハト。40分にはコールがCKのこぼれ球を流し込み、3点目を決めて前半を終える。

後半もファドゥーツのゴールに押し掛けていくアイントラハト。51分には鎌田がエリア内へ侵入して左足でシュートするが枠の外へ。53分にはショートコーナーからパシエンシアがヘディングでネットを揺らし4点目を奪うと64分には右サイドのダ・コスタからのクロスをガチノヴィッチがプッシュして5点差を付ける。その後も攻撃の手を緩めないアイントラハトは惜しい場面を幾度も作っていくがさらなる追加点は奪えず。5-0で試合終了。



UEFAヨーロッパリーグ予選3回戦・1stレグ、アイントラハト・フランクフルトはアウェーでリヒテンシュタインのFCファドゥーツに5-0で勝利しました。

この試合、長谷部誠選手と鎌田大地選手は共に先発出場。
長谷部選手はリベロのポジションでフル出場し、鎌田選手は2トップの一角として72分までプレーしました。




【スターティングメンバー】
GK:ヴィートヴァルト
DF:ヌディカ、アブラーム、長谷部
MF:フェルナンデス、コスティッチ、ガチノヴィッチ、ダ・コスタ、コール
FW:鎌田、パシエンシア

【得点】
アイントラハト:コスティッチ(11分、27分)、コール(40分)、パシエンシア(53分)、ガチノヴィッチ(64分)
ファドゥーツ:なし

【交代】
アイントラハト:フェルナンデス→デ・グズマン(66分)、鎌田→レビッチ(72分)、パシエンシア→ヨヴェリッチ(72分)
ファドゥーツ:ズッター→シュビツァー(46分)、チチェク→フリック(66分)、ヴィーザー→セレ(75分)

【警告】
アイントラハト:フェルナンデス(4分)
ファドゥーツ:なし

シェア
ブックマーク