アイントラハト・フランクフルトのアディ・ヒュッター監督とMFジェルソン・フェルナンデスは、現地時間8日に行われるUEFAヨーロッパリーグ予選3回戦FCファドゥーツとのファーストレグに向けた記者会見に臨みました。

アディ・ヒュッタ―監督

ケビン・トラップのアイントラハト復帰が決まった。

GKのポジションにおいて、一つの決断を下し、みんな満足している。ケビンがまた戻ってきて幸せだ。

ファーストレグに向けて。

ベルンの監督としてのここでの成績は3分け1敗だ。ラインパルク・シュターディオンのサポーターはいつもかなり熱狂的だよ。映像などを見る限り手強い相手だと思う。(ベルン時代から知る)ミラン・ガジッチといった司令塔と再会することになり、対戦を楽しみにしている。

自身のチームの状態は?

ここまでの2試合はそれぞれ2-1と辛勝したが、パフォーマンスの面では良かったと思う。プレシーズンの真っ只中なので、余裕な試合ではない。我々はどんな対戦にも真剣に臨み、これまでの仕事はこなしてきている。明日に関しても有力視されるだろうが、それにふさわしいプレーを見せるべきだ。

試合へのアプローチについて。

チームはグループステージに進出するという野心を抱いている。その目標に向けて私も貢献するが、経験豊富な、何をするべきか理解する選手が十分いる。ファドゥーツは、フェヘールヴァール戦で示したように、クオリティーを持っている。

選手たちのコンディションは?

プレシーズンの序盤にはキープレーヤーと同時にブンデスリーガでも絶対的なトッププレーヤーである選手たち5人が欠けていた。そのうち3人が戻ってきた。例えばマルティン・ヒンターエッガー。彼はFCアウクスブルクでテストマッチに出場し、(痛めていた)肋骨も直っている。彼は明日の試合ではオプションとなる。アンテ・レビッチも練習に参加できる。明日の晩まで、彼らの起用について考えたい。

相手にはアイントラハトとの試合は「ビッグマッチ」と見られているようだが。

特に(昨シーズンの)ヨーロッパリーグ、そしてホームマッチのパフォーマンスによってリスペクトを得た。明日も良い雰囲気に迎えられるだろう。相手のマリオ・フリック監督は「夢の対戦相手」と話していたが、たくさんのサポーターがスタジアムに駆けつけるだろう。モチベーションが高い、我々を苦しめようと試みる相手を予想している。

 

ジェルソン・フェルナンデス

ケビン・トラップの復帰について。

彼とは昨シーズン、たくさんの楽しい瞬間を過ごした。契約をサインしたことをケビンも僕たちと同じように喜んでいるだろう。みんな、去年と同じような成功を祝い合えればと願っている。

今後の試合に向けて。

試合を楽しみにしている。どんな目標を掲げており、どうやってそれらを成し遂げるか知っているからね。グループステージに進出するためにはこれら相手に勝たなければいけない。それが僕たちの仕事の一部だ。アイントラハトのサポーターたちがたくさん駆けつける。僕たちは次のラウンドに進みたい!

相手について。

シオンでプレーしていたころ、彼らは昇格を巡るライバルだった。国外からの優れた選手が在籍して、とても組織がしっかりしていた。1部と2部を行き来しているが、家族のような、優れたクラブだ。それに敬意を払いたい。

シェア
ブックマーク