アイントラハト・フランクフルトは現地時間1日に行われるUEFAヨーロッパリーグ予選2回戦のセカンドレグでFCフローラ・タリンをホームに迎えます。アディ・ヒュッター監督とティモシー・チャンドラーがこの一戦に向けた記者会見に臨みました。

アディ・ヒュッター監督

オーストリアキャンプについて。

良い印象を受けてフランクフルトに戻ってきた。今回の合宿地は以前から知っていた。今年のプレシーズンは確かに難しい。ブンデスリーガへの準備を進めなければならないなか、ファーストレグでは良い状況をつくりながら大事な第2戦に臨むことになる。キャンプ中に飛行機で戻るのは普通なことではないが、特別な経験だ。

チームの状態は?

20人でここに戻った。ほかのメンバーはヴィンディシュガルステンに残っている。アンテ・レビッチの出場に関しては明日に決めたい。まだ決断を下すまで24時間ほど時間がある。ティミー・チャンドラーにとって今最も大事なのは、この瞬間を楽しみ、良いフィットネスを維持して、チームとともに過ごすこと。彼は我慢の時間が長く続いたが、とても良い方向に進んでいる。彼にももちろん、ライバルもいる。私はサイドバックのポジションにおいて、選択肢が増えたことをうれしく思う。ティミーは右だけではなく左サイドでもプレーできるよ。

試合に向けて。 

我々は常に前向きな姿勢を持って試合に臨む。タリンは非常に守備的なプレー、良い組織で立ち向かってくるだろう。彼らの強みはボールを奪った際の攻守の切り替えで、とてもスピーディーな攻撃をする。我々はポゼッション時には精度に注意を払い、同時に素早いプレーを見せ、スペースのケアを心掛けなければならない。ここ最近の練習は激しかったが、ファーストレグより良いプレーを見せてほしい。我々は満員のスタジアムで次のラウンドに進出を目指すからにはそれにふさわしいパフォーマンスを見せるつもりだ。

 

 

ティモシー・チャンドラー

チームの状態について。

すでにとても良い状態であることは見られた。これまで良い仕事をしてきたよ。個人的には(ピッチに)戻ってきて、ヨーロッパの舞台で何分間かの出場時間を記録できたことを喜んでいる。健康であることをとにかく幸せに思う。

自身が出場する可能性は?

長い間負傷していたので、まだ100%には戻っていない。何分間かプレーできてうれしいし、これから出場時間が増えることを願っている。それはもちろん、監督の判断次第となるけどね。プレシーズンの全部をこなし、健康であることは僕にとって大きな一歩だ。

フランクフルトの街でのヨーロッパリーグに対する熱狂ぶりについて。

予選の2回戦ですでにこれほどの注目を浴びるのはすごいし、人々が僕たちを見たがっていることを示す。僕たちはこの数年間、ひとつのものを築き上げたんだ。人々はどの試合でもスタジアムに来ることを楽しみにしている。それによってみんなのモチベーションがさらに高まっているよ。スタジアムのライトが点けられ、僕たちがピッチを走れば、またみんなも興奮するだろう。

シェア
ブックマーク