アイントラハトの選手たちは、「スイス合宿日誌」を通じてスイス・キャンプの日々の様子を伝えます。今回はジェルソン・フェルナンデスがキャンプでの1日を振り返りました。

木曜日は2度ボートに乗ったジェルソン・フェルナンデス
木曜日は2度ボートに乗ったジェルソン・フェルナンデス

アイントラハトファンのみんな、ハロー。今回は僕がスイスでの1日に伝える番。昨日の話になるけどね。午前中はリハビリのコーチと練習したけど、手応えを感じた。みんなも知っていると思うけど、何日間かフルの練習を控えなければいけなかったんだ。でももうすぐまた元通りになって、チームを助けることができると思う。

昼近くにはクラブのメディア部の人たちが僕のためにボートを用意してくれて、トゥーン湖でボート乗りを楽しませてもらったよ。天気が良いし、景色も美しく、とにかく楽しかった。ちょうど引き上げようと思ったときにトレーニングが終わったほかのみんながやってきた。当然、何人かのやんちゃな連中にはボートを思いっきり揺らされたね。

午後には45分間ほどバスに乗ってベルンに向かった。アーレ川でラフティングしたんだ。まさにチームづくりのためになるイベントだった。本当に最高な経験。みんなでものすごく楽しんだよ。何人かはずぶ濡れになったね。

それからホテルで夕食をとり、食後のコーヒーを飲んで、いつもどおり23時には就寝。監督はもちろんみんながしっかりと休みをとり金曜日FCルツェルンに勝つことを望んでいるのでね。

みんな夏をたっぷり楽しんでね。もちろん、家族と一緒にだよ。それがポイントだからね!

シェア
ブックマーク