アイントラハト・フランクフルトFWのセバスティアン・アレールはスイス・キャンプ初日にメディアの取材に応じました。以下、コメントを紹介します。

オフはどうだった?

本当に素晴らしい時間を過ごした。それが必要だったんだ。昨シーズンは非常に長く、すごくエモーショナルなものとなったからね。だから完全にリラックスするのが大事だったよ。東京にも行ったんだ。今妊娠中の妻と一緒にね。僕たちは日本や日本の人々が好きなのでね。ゴンサロとマコトにも会ったよ。

プレシーズンについて。

良いトレーニングをしているし、今はキャンプでの練習を楽しみにしている。ここスイスはそのための最適な環境だよ。

キャンプについて。

ここでのトレーニングに集中したいし、一生懸命働かなければいけない。最初の公式戦まであと3週間しかないからね。僕たちはヨーロッパリーグ本選に出場したいし、また経験したいんだ。すると6週間、週2で試合に臨む時期が続く。なので、集中して仕事をすることが必要だね。

自身の状態は?

気分は良いし、ハードワークをする準備はできている。ほかのみんなも同じだと思うよ。みんな機嫌が良くて、ドレッシングルームやピッチでたくさん笑い合っているよ。僕はここにいることを幸せに思う。今シーズンどこまで行けるかはプレシーズンにもよる。ポテンシャルはあると考えるが、数カ月後までにどのようなシーズンになるかは言えないだろう。

デヤン・ヨヴェリッチについて。

まだ数時間前に会ったばかりだよ。(笑)これから知り合う時間はたくさんあるだろう。

ドイツ語学習の状況は?

もっと上手くならなければね。もっと勉強しなければいけないことは知っている。でも英語の方が簡単なんだ。(笑)

シェア
ブックマーク