ブラニヒミル・フルゴタとアイントラハト・フランクフルトとの契約は2019年6月30日に満了となり、スウェーデン人のアタッカーは3年間過ごしたアイントラハトを退団することになりました。

ブラニヒミル・フルゴタは2016年夏にボルシア・メンヒェングラットバッハからアイントラハトに加入。U21スウェーデン代表のメンバーとして2015年EUROの制覇も経験したアタッカーは、アイントラハトでの1シーズン目では公式戦30試合に出場し、6ゴール3アシストを記録しました。ここ2シーズンはそれぞれDFBポカールの決勝進出、昨年はDFBポカール優勝を味わったものの、作シーズンは8試合、今シーズンは1試合の出場にとどまることに。26歳のセンターフォワードは出場機会を求めて今夏に新クラブに移籍する決断を下しました。

フレディ・ボビッチ執行役員は同選手について「ブラネは私がここフランクフルトで彼と知り合えたこの3年間、常にチームのことを優先して頑張ってくれた。残念ながら我々の下では完全なるブレイクには至らなかった。それでも今後の道を歩むにあたって、彼に最善を祈りたい!」と別れを告げました。

シェア
ブックマーク