ブンデスリーガ第33節、アイントラハト・フランクフルトはホームで1.FSVマインツ05と対戦しました。

9日(木)には敵地ロンドンでPK戦にまで縺れ込む激戦を繰り広げたアイントラハト。中2日と厳しい日程の中、ホーム最終節ではマインツとのライン・マイン・ダービーに臨む。先日の試合で右膝を負傷したローデは残り試合の欠場を余儀無くされたアイントラハトは、ダブルボランチに長谷部とフェルナンデスが名を連ねる。

この試合、最初にチャンスを手にしたのはアイントラハト。3分、左サイドでボールを受けたコスティッチがドリブルで持ち上がり、レビッチへ。最後は中でヨヴィッチへとパスが出るも相手DFに阻まれてしまう。左サイドからチャンスを演出していくアイントラハト。6分にもコスティッチから中へ走り込んできたダ・コスタへ。しかし、シュートは枠の外へ。良い試合の入り方をしたアイントラハト。9分にはゴール前の混戦からシュートを許すが、守護神トラップがセーブ。18分にはコスティッチが前線でボールを奪ってカウンター。レビッチがクロスをダイレクトで合わせるが大きく枠を外してしまう。27分にも左サイドを破られ、クロスからシュートを打たれてしまうがアブラームが身体を寄せ、相手のシュートミスで終わる。一時はマインツに押し込められたアイントラハトだが、徐々に押し返す。32分にはコスティッチからヨヴィッチにクロスが入り、ヘディングで狙うも枠の上へ。その後もマインツゴールへと迫るがゴールは生まれず、スコアレスで後半へ。

後半開始から交代カードを切ってきたマインツ。アイントラハトは53分と57分に立て続けにウジャにゴールを奪われてしまう。2点のビハインドを負ったアイントラハトは、60分にファレットとフェルナンデスを退げてアレールとデ・グズマンを投入。前線でアレール、ヨヴィッチ、レビッチのトリデンテを形成し、ガジノヴィッチをボランチ、長谷部をリベロのポジションへと移す。67分にはデ・グズマンの縦パスをアレールが落とし、ヨヴィッチがシュートするも相手DFに阻まれてしまう。攻勢に出るアイントラハト。しかし、フィニッシュに精彩を欠いてしまう。77分にはヨヴィッチに替えてパシエンシアを投入。DFのヒンターエッガーも前線に上がり、ゴールを目指す。終盤にはデ・グズマン、コスティッチ、レビッチが立て続けにシュートを打っていくがゴールは奪えず。アディショナルタイム4分も無情に流れ、0−2で試合終了。



ブンデスリーガ第33節、アイントラハト ・フランクフルトはホームで1.FSVマインツ05に0−2で敗れました。

この試合、長谷部選手は先発フル出場しました。



【スターティングメンバー】
GK:トラップ
DF:ファレット、ヒンターエッガー、アブラーム
MF:フェルナンデス、コスティッチ、ガジノヴィッチ、長谷部、ダ・コスタ
FW:レビッチ、ヨヴィッチ

【得点】
アイントラハト:なし
マインツ:ウジャ(53分、57分)

【交代】
アイントラハト:ファレット→デ・グズマン(60分)、フェルナンデス→アレール(60分)、ヨヴィッチ→パシエンシア(77分)
マインツ:ブロジンスキ→ドナーティ(46分)、ラッツァ→バク(80分)、ウジャ→ブンガート(89分)

【警告】
アイントラハト:コスティッチ(77分)
マインツ:ニアカテ(23分)

シェア
ブックマーク