ブンデスリーガ第27節、アイントラハト ・フランクフルトはホームでVfBシュツットガルトと対戦します。

代表ウィークを終え、いよいよ再開するブンデスリーガ。後期はスタートから負けなし、直近のリーグ戦4試合ではハノーファー、ホッフェンハイム、デュッセルドルフ、ニュルンベルクを撃破し、26節を終えて勝ち点46で5位と好調を維持。また、ヨーロッパリーグではベスト32でウクライナの強豪シャフタールを、ベスト16では過去には日本代表DFの長友佑都も所属したイタリアの名門インテルを破り、ベスト8へと駒を進めている。

前期の対戦では敵地で前半にアレールとレビッチ、終了間際にはミュラーがゴールを奪い3−0で勝利したアイントラハト。また、この試合ではアイントラハトの攻撃を牽引する3人のFW、レビッチ、アレール、ヨヴィッチが前線で同時に起用された。代表ウィーク期間も各々の代表チームでゴールを奪う活躍を見せたレビッチとヨヴィッチ。今回の対戦でもアレールを含む前線の3人に期待が掛かる。

コスティッチとフレディ・ボビッチ執行役員にとっては古巣との対戦となる今節。コスティッチは2014年にオランダのフローニンゲンからシュツットガルトへと移り、在籍した2シーズンでリーグ戦59試合に出場し、8ゴール13アシストを記録している。また、ボビッチ執行役員は1994シーズンから5シーズン在籍し、1996/97シーズンにはDFBポカール優勝に貢献し、引退後は2010年から4年間スポーツディレクターを務めた。

今節はCL圏内に喰い込む為にも大切な一戦。アイントラハトはホームのコメルツバンク・アレーナでファンの後押しを受け、シュツットガルトと激突する。



【試合詳細】
キックオフ:2019331日(日)18:00
対戦相手:VfBシュツットガルト
スタジアム:コメルツバンク・アレーナ

シェア
ブックマーク