アイントラハト・フランクフルトは現地時間14日に行われるUEFAヨーロッパリーグ・ラウンド16セカンドレグでインテルと対戦。敵地での試合に向けた記者会見にアシスタントのクリスティアン・パインティンガーとGKケビン・トラップが臨みました。

クリスティアン・パインティンガー

アディ・ヒュッター監督が不在だが。

私がサイドラインに立ち、アルミン・ロイタースハーンとともにコーチングを務めることになる。事前にあらゆるケースに向けての調整を行う予定だ。試合開始の90分前からアディとコンタクトが取れなくなる。ルールでそう定められているからね。

アンテ・レビッチについて。

彼は昨日戻って来たが、以前よりか大分良くなっていたよ。彼はフランクフルトに残って練習している。出場が可能になる時期については今のところまだ何とも言えない。

セカンドレグに向けた状況は?

(ファーストレグでの)0-0は悪い結果ではなかった。我々は明日、失点しない状況を長く維持していくことを目指す。ゴールを決めることができれば、次ラウンドに進む良いチャンスを得られるだろう。

ダビド・アブラームが出場する可能性は?

まだトレーニングを残している。それを終えてから彼の様子を確認し、出場に関する判断を下すつもりだ。

試合を楽しみにしているか?

 

もちろん楽しみにしている。でも準備においてはいつもと変わりがない。それに、長い間監督として働いたので、コーチングは初めてではないよ。私は自分に与えられたタスクをこなさなければならない。個人ではなくチームとこの試合が大事だ。

 

ケビン・トラップ

監督は不在となるが。

明日はビッグゲームが僕たちを待っている。全員何が懸かっているのかを理解しているし、僕たちにとって大きな違いはない。チームとしてどうするべきか把握している。パインティ(パインティンガー)とアルミンはいつも僕たちの側にいたし、上手くやってくれると信じている。

勝ち上がる可能性について。

このレベルでたくさんの試合をしてきた経験豊富なチームとの対戦は難しいタスクだ。僕たちは勝利を目指してプレーする。それをできると信じている。そうでなければ致命的だよ。集中できているし、調子も良い。さらにスピードとパワーも備えている上、モチベーションも十分だ。みんな極めて大きな試合に臨むことを知っている。ベスト8に勝ち上がる大きなチャンスを迎えているのだからね。このチャンスを得るためにハードワークしてきたし、これを逃すわけにはいかない。でも難しくなるのは確かだし、辛抱強くなければいけない。進出するためにすべてを尽くすつもりだ。

サポーターが力になると思うか。

フランクフルトから1万3500人ものサポーターが駆けつけてくれる。それを聞けばみんながどれほどこの試合を待ち望んでいるのかがわかるだろう。素晴らしい応援を期待しているよ。

シェア
ブックマーク