ブンデスリーガ第21節、アイントラハト・フランクフルトはアウェーでRBライプツィヒと対戦します。

前節、ホームで首位ドルトムントにリードを奪われるも、ヨヴィッチが見事なジャンピングボレーで同点ゴールを奪い、1-1で勝ち点1を手にしたアイントラハト。今節は敵地、レッドブル・アレーナで4位に位置するRBライプツィヒとの試合に臨む。

これまでリーグ戦で5度対戦した両チーム。アイントラハトはこれまで1勝1分け2敗。今シーズンの前期の対戦では26分にフェルナンデスが先制ゴールを奪うも54分にはフォースベリに同点にされ、1-1で引き分け。アイントラハトがライプツィヒから勝利を収めたのは昨年の2月19日。この試合ではチャンドラーとボアテングがゴールを決め、ホームのファンの前で2-1で勝利を手にしている。

今回の対戦では前節に続き、得点ランク上位に位置する両チームの選手4名に注目が集まる。リーグ戦第20節を終え、アイントラハトはヨヴィッチが14得点でトップに立ち、アレールも11得点を奪って5位に位置している。対するライプツィヒはヴェルナーがアレール同様11得点、ポールセンが10得点を記録している。

また、今回の対戦では両チームの監督にも注目が集まる。アディ・ヒュッターとラルフ・ラングニックは2014/15シーズンに日本代表の南野拓実が所属するレッドブル・ザルツブルクで前者は監督、後者はスポーツディレクターとして共に働き、リーグ戦とカップ戦を制している。

互いによく知る両監督。前回の対戦を引き分けで終えただけに、今回の対決からは目が離せない。



【試合詳細】
キックオフ:2019年2月9日(土)15:30
対戦相手:RBライプツィヒ
スタジアム:レッドブル・アレーナ(ライプツィヒ)

シェア
ブックマーク