アイントラハト・フランクフルトはパトリック・フィンガーとプロ契約を結びました。2020年6月30日までの契約となります。

パトリック・フィンガーは2020年までのプロ契約にサイン
パトリック・フィンガーは2020年までのプロ契約にサイン

現在18歳のミッドフィールダーは2015-16シーズンにSVダルムシュタット98からアイントラハトの下部組織に加入。U-15チームでのプレーを経て1年半に渡ってU-17 チームに所属し、2017-18シーズンはその主将を務めていました。2018年3月、Aユース・ブンデスリーガでデビュー出場を果たしたヴェーエン・ヴィースバーデン戦では早速決勝点をアシストする活躍を見せました。

フィンガーはトップ下を本職としながら、豊富な運動量や強い闘争心を持ち、インサイドハーフやWボランチのボックス・トゥ・ボックス・プレーヤーとしてもプレー。U-15ドイツ代表以来各年代別代表にも呼ばれており、そこでは左サイドバックもこなすことでそのフレキシブルさを証明しています。

アイントラハトのフレディ・ボビッチ執行役員は、U-19チームでは12試合に出場し2ゴール、5アシストを記録したフィンガーについて次のようにコメントしています。

「パトリック・フィンガーの試合は多く見ており、私は彼のファンになった。彼のチームを最優先にする献身的な姿勢は素晴らしい。パトリックはすぐに新しいポジションに適応する才能を持っている。次のタレントとプロ契約を結ぶことができて嬉しい」

シェア
ブックマーク