アイントラハトの選手たちは、「アメリカ合宿日誌」を通じてアメリカ・フロリダ州でのウィンターキャンプの日々の様子を伝えます。練習2日目を担当したのはGKヤン・ツィマーマンです。

ケヴィン・トラップ、フレデリク・レノウとともにGKトレーニングに励むヤン・ツィマーマン
ケヴィン・トラップ、フレデリク・レノウとともにGKトレーニングに励むヤン・ツィマーマン

アイントラハト・サポーターのみんなは元気かい?

日曜日は素晴らしい晴天で、風もまったくなく、それまでの数日間より天気は断然良かった。ピッチ上ではまた一生懸命働いたね。GKコーチのモッペス・ペッツはこの日を「ファイアー・デー」(「炎の日」)と呼んでいたよ。午前の練習では彼のシュートを浴び、僕たちは限界まで追い込まれたね。ハードルやメディシンボールなどあらゆる道具が登場したんだ。そして午後はフィールドプレーヤーたちが決定力を確認することになったが、当然僕たちGKはゴールに立たされ、彼らのシュートを阻止する練習に励んだ。極端なほどの集中力を求められたけど、上達したいのでそれはそれで良かったと思う。

その夜にはバーベキューパーティーといったご褒美を与えられ、チームやスタッフの全員と一緒に食事したよ。チームのみではなく、クラブの他の部署からのたくさんの従業員たちもここに来ており、例えばメディア部で働く人たちも参加した。美しい時間を過ごせたけど、あまり夜遅くまでは持たなかったね。やはり練習の疲れが残っていたので、僕も早めに部屋に引き上げた。モッペスの下での練習に立ち会ったことがあれば分かると思うけど、GKにかかる負担はとりわけ大きいのでね。2日間で4回のトレーニングセッションをこなした他の選手たちも同じだっただろう。

ヤンより

シェア
ブックマーク