ブンデスリーガ第14節、アイントラハト・フランクフルトはヘルタ・ベルリンと敵地で対戦しました。

前節、ホームでヴォルフスブルクに1-2で敗れたアイントラハト。今節は勝ち点20で7位につけるヘルタの本拠地であるオリンピア・シュタディオンに乗り込む。上位に喰い込む為にもここで勝ち点3を奪いたい両チーム。アイントラハトは怪我で離脱中のアブラームに代わり、この試合は長谷部がキャプテンマークを巻き、怪我から戻ってきたサルセドがスタメンに名を連ねる。

前半最初にビッグチャンスを得たのはアイントラハト。10分、アレールがボールを受けると個人技からマークを振り払いエリア内に侵入してゴールを狙う。しかし、このシュートは惜しくもポストに直撃。アイントラハトは20分にもダ・コスタの右サイドからの低いクロスをアレールが右足でダイレクトで合わせるが枠を捉えられず。22分にはヘルタにカウンターからゴールに迫られるが、長谷部が身体を上手く入れて対処する。38分にはレビッチとヨヴィッチがワンツーからゴールに迫り、最後はレビッチが左足打つもシュートはGKの正面に。ゴールに迫るも決めきれないアイントラハトは40分にCKからヘルタのグルイッチに頭で押し込まれてしまい、先制点を奪われてしまう。前半の内に同点に追いつきたいアイントラハトは前半終盤に右サイドのクロスからヨヴィッチがチャンスを迎えるが判定はオフサイド。1点のビハインドで前半を終える。

後半、まずは同点ゴールを奪いたいアイントラハトだったが、50分にゼルケに裏に抜け出されてネットを揺らされてしまう。しかし、ここは長谷部が裏へ抜け出すパスが出される直前にゼルケの位置を確認し、オフサイドトラップを仕掛けていた為、判定はノーゴール。久々にキャプテンマークを託された長谷部がチームを救うプレーを見せる。52分にはアイントラハトがコスティッチの低いクロスからチャンスを演出。ヨヴィッチが左足でダイレクトでゴールを狙うがヘルタGKヤーシュタインの好守に阻まれてしまう。直後にはカウンターからGKと1対1になるピンチを迎えるが、トラップのスーパーセーブで難を逃れる。同点にしたいアイントラハトは72分にレビッチとフェルナンデスを下げて、ガジノヴィッチとウィレムスを投入。81分にもミュラーを投入し、猛攻を仕掛ける。迎えた87分、エリア内でボールを受けたヨヴィッチが相手DFに倒されてPKと思われたが笛は鳴らず。最後までゴールを奪えず、試合終了を迎える。


ブンデスリーガ第14節、アイントラハト・フランクフルトは敵地でヘルタ・ベルリンに0-1で敗れました。
この試合、長谷部選手はキャプテンマークを巻いて先発フル出場しました。



【スターティングメンバー】
GK:トラップ
DF:ヌディカ、サルセド、長谷部
MF:レビッチ、フェルナンデス、デ・グズマン、コスティッチ、ダ・コスタ
FW:ヨヴィッチ、アレール

【得点】
アイントラハト:なし
ヘルタ:グルイッチ(40分)

【交代】
アイントラハト:レビッチ→ガジノヴィッチ(72分)、フェルナンデス→ウィレムス(72分)、ダ・コスタ→ミュラー(81分)
ヘルタ:カルー→ミッテルシュテット(65分)、イビシェヴィッチ→ドゥダ(81分)、マイアー→シェルブレッド(90分)

【警告】
アイントラハト:なし
ヘルタ:ゼルケ(66分)

シェア
ブックマーク