アイントラハト・フランクフルトは現地時間25日に行われるUEFAヨーロッパリーグ・グループリーグ第3節でキプロスのアポロン・リマソールをホームに迎えます。アディ・ヒュッター監督とDFダニー・ダ・コスタの2人が、この一戦に向けた記者会見には臨みました。

アディ・ヒュッター監督

チーム内の雰囲気は?

デュッセルドルフに7-1で勝ったことがさらなる自信につながったことは否定できないだろう。私の仕事はまず次の試合に向けた準備だが、今のチームの喜びを無理に止めたりはしないよ。このチームに関して気に入っている点は、彼らは我々の状況について冷静に判断しているところだ。でもそれはそれとして、彼らには今の活気をヨーロッパリーグにも持ち込んで欲しいね。

アレールやヨヴィッチ、レビッチについて。

これほど素晴らしい攻撃を持っているのは幸せなことだよ。でも最も重要なのは全体的な構造で、それは後方から始まるものだ。センターバックとしてチームをコントロールするマコト・ハセベを始めとして、チームはいずれの方向に向かって上手く働いてくれている。もちろん、明日はアタッカーを3人とも起用する可能性だってあるが、これに関しては明日になってから決めたい。

アポロン・リマソール戦に向けて。

彼らはここ6年間ヨーロッパリーグの常連になっているが、ラツィオ戦は惜しい形で敗れ、マルセイユ戦はビハインドから2-2の同点に持ち込んでいる。それらはたくさんのことを物語るだろう。加えて、クレバーでもあり、プレーを通じて状況を打開しようと試みる。さらに追い詰められている状況のため、隠れたりはしないだろう。一般にとっては魅力的なチームではないかもしれないが、それでもリマソールは手強い相手だよ。

 

ダニー・ダ・コスタ

自身のコンディションについて。

インターナショナルウィーク中はリフレッシュできたよ。3週間で7試合をこなしたあと、やはりかなりの疲れがあったからね。でも今は充電が完了した状態だし、前節でも示したように問題なく走れる。足が止まったりする心配はないね。

ファンのサポートについて。

チームメートの何人かはラツィオ戦後、「今まで経験したなかで雰囲気は最高」と話していたね。僕にとっては、DFBポカール決勝に次いで最高だったかな。あれは本当に特別だったからね。でもファンは本当に素晴らしいよ。彼らは僕たちを最初から最後まで応援してくれている。(コレオなど)何か派手なものを計画していると聞いているが、試合への楽しみがさらに増したね。

アポロン・リマソール戦に向けて。

リマソールがマルセイユと2-2で引き分けたことは僕たちにとって十分な警告になっただろう。高いクオリティー、非常に豊富な経験を持つチームだ。何人かは長くリマソールでプレーしている。僕たちは今までと同じように集中して臨まなければいけない。でも僕は自分のチームのことを良く知るので、そうできることに関してまったく心配していないよ。

シェア
ブックマーク