ブンデスリーガ第4節、アイントラハト・フランクフルトはホームのコメルツバンク・アレーナにRBライプツィヒを迎えました。

ヨーロッパリーグに参加する両チームの対戦。アイントラハトは先日のヨーロッパリーグで先発メンバーに返り咲いた長谷部誠がこの試合も先発入り。また、エースのレビッチが久々にベンチ入りし、マルセイユ戦で同点ゴールを奪ったトロは筋肉系の問題を抱えて欠場。
試合開始から1タッチ・2タッチと素早いパスワークからライプツィヒゴールに迫っていくアイントラハト。リーグ戦で久々の先発出場を果たした長谷部誠が後方から楔のパス、ロングボールを駆使して攻撃の起点となる。14分には左サイドからのクロスにヨヴィッチが飛び込むが惜しくも枠の外へ。試合が動いたのは27分。右サイドからのヨヴィッチのクロスを頭で合わせたアレールのシュートのこぼれ玉をフェルナンデスが押し込み、アイントラハトが先制に成功する。先制後は攻勢を強めるアイントラハトだったが追加点を奪えず、1点リードで後半へ。リードを得て迎えた後半だったが、アイントラハトは54分にはエリア内でのハンドを取られてしまう。このPKをフォルスベリ決められ、スコアをタイにされる。膠着状態から攻撃へと転じたいアイントラハトは69分にヨヴィッチを下げて、怪我から戻ってきたエースのレビッチを投入。76分にはアレールがキープしてこぼれたボールをエリア内からダ・コスタがシュートするが枠を捉えられず。直後にはコスティッチが抜け出してネットを揺らすもオフサイドを取られてしまう。攻撃の波に乗ってきたアイントラハトだったが最後まで追加点を奪うには至らず、1−1で試合終了。
ブンデスリーガ第4節、RBライプツィヒとホームで1−1で引き分けました。
この試合、長谷部誠選手はフル出場しました。

【スターティングメンバー】

GK:トラップ

DF:アブラーム、長谷部、ヌディッカ、

MF:ダコスタ、フェルナンデス、グズマン、コスティッチ、ガジノヴィッチ

FW:ヨビッチ、アレール

【得点】アイントラハト:フェルナンデス(26分)ライプツィヒ:フォルスベリ(54分)

【交代】アイントラハト:ヨヴィッチ→レビッチ(69分)、デ・グズマン→アラン・ソウザ(73分)ライプツィヒ:フォルスベリ→イルザンカー(85分)、サラッキ→ハルステンベルグ(86分)、ライマー→コナテ(90分)

【警告】アイントラハト:アブラーム(90分)ライプツィヒ:イルザンカー(89分)

シェア
ブックマーク