アイントラハト・フランクフルトのアディ・ヒュッター監督は9月1日にコメルツバンク・アレーナで行われるSVヴェルダー・ブレーメン戦で、ホームでのブンデスリーガデビューを迎えます。記者会見ではその試合への意気込みを語り、GKケヴィン・トラップの獲得などについても話しました。

レンタルでトラップを獲得したことについて。

ケヴィンを加えることで一つのアイコンをフランクフルトに連れ戻すことができた。フレデリク・レノウはひざに問題を抱えているため、この補強が大事になったんだ。これで我々のチームには4人の素晴らしいGKがいることになる。この状況に関してフレデリクと話したが、彼はとてもプロフェッショナルに受け止めた。今日の午後のトレーニングを終えてからブレーメン戦でゴールマウスを守るGKを決める考えだ。

ブンデスリーガ第2節の相手、SVヴェルダー・ブレーメンについて。

対戦相手は非常にフレキシブルなチーム。ブレーメンには複数のポジションでプレーが可能な優れた選手がたくさんいる。通常はマックス・クルーゼが最前列に置かれるが、彼は様々なエリアに顔を出す。ブレーメンは私の見解では攻撃的なサッカーを試みる興味深いチームだよ。

負傷者状況について。

今週末もアンテ・レビッチとティモシー・チャンドラーは不在となる。だが、ダビド・アブラームと長谷部誠は戻ってきており、問題なく出場できるだろう。

アイントラハト指揮官としてブンデスリーガでの初めてのホームマッチとなるが。

初のホームマッチを心待ちにしている。スーパーカップとはまた雰囲気が異なると聞いた。大事なのは勇敢なプレーを見せて最初の瞬間から観衆のハートをつかむこと。積極性を示し、高い位置から相手にプレスをかけたい。だが、彼らのクオリティーについては把握しているので、リスクを冒しすぎるようなプレーは避けなければいけない。

最高なスタートとなる可能性について。

ブレーメンに勝てば、それはリーグ戦においては最高なスタートと言えるだろう。我々はそれを目標とする。最初のホームマッチをポジティブなものにしたいが、そのためには良いパフォーマンスを見せなければいけない。

シェア
ブックマーク