良い知らせが届きました。怪我によりリハビリ中のマイヤー・アレクサンダーは、復帰へ向けてさらに前進しました。

マイヤー・アレクサンダー、復帰へ向けて前進。
マイヤー・アレクサンダー、復帰へ向けて前進。

2017年12月11日にアウグスブルガー・ヘッシングパーク・クリニックでマイヤー・アレクサンダーは経過検査を行いました。

11月9日に行った右足の手術で、重ねた手術の回数は3回となります。34歳のベテラン点取り屋は夏の準備期間に右足を負傷し、手術、リハビリを繰り返しています。
術後5週間が経ち、ギブスをつけながらの生活からギブスをとっての荷重のトレーニングへと強度を上げています。
マイヤー・アレクサンダーのコメント:
「徐々に右足の感覚が良くなってきている。復帰が一歩づつ近くのは嬉しく思うし、ピッチに再び立つためにしっかりトレーニングを積んでいきたい。」

シェア
ブックマーク