残留、降格決定戦のニュルベンルク戦で負傷したマルク・シュテンデラ選手が前十字靭帯断裂と診断された事をお知らせ致します。

マルク・シュテンデラ選手 前十字靭帯の断裂
マルク・シュテンデラ選手 前十字靭帯の断裂

20歳のマルク・シュテンデラ選手は前節のニュルンベルク戦で開始10分で左膝を負傷し、途中交代を余儀なくされました。

本日行われたMRIの結果、前十字靭帯断裂、外側半月板損傷と診断されました。

月曜日に膝の腫れの経過をみて、手術の日程を決める予定となっております。

少なくとも6ヶ月以上の長期離脱に入る事になりました。

シェア
ブックマーク