ダルムシュタット戦後のドーピング検査で、マルコ・ルス選手の腫瘍が発見された事をお知らせいたします。

マルコ・ルス選手 腫瘍が発見された事のお知らせ。
マルコ・ルス選手 腫瘍が発見された事のお知らせ。

アイントラハト・フランクフルトは5月18日DFB(ドイツサッカー協会)のアンチ・ドーピング・コミッションよりマルコ・ルス選手のドーピング検査に陽性反応が出たと通知を受けた。

成長ホルモンhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が通常値をうわまる鑑定結果だった。

即時に行われたアイントラハトの内科医による泌尿器の専門医での検査の結果はその日の夕方近くにでた。

専門医の診断は「深刻な腫瘍性疾患」であり、それは通常値をうわまる(ドーピング)鑑定結果を説明するものであった。

直ちに行われた生化学的研究所による血液検査により残念ながらこの診断は確認された。

NADA(ドイツ・アンチ・ドーピング機構)もすでにこの成長ホルモンの通常をうわまる数値は疾患による自己分泌である可能性を示し、選手の保護のため直ちに行われた臨床検査を推薦した。

悲劇的な診断をものともぜず、ルス選手はプレー可能を提示し、医者もこれを肯定し、プレーオフ第1戦のニュルンベルクに先発出場した。

 一日も早い復活を、心からお祈りしております。 

がんばれルス!!!!!!! 

シェア
ブックマーク