ブンデスリーガ2部のFCエルツゲビルゲ・アウエと練習試合を行い、3−1で勝利しました。

アリカンテ(スペイン)でのトレーニング合宿の集大成として、アイントラハトはFCエルツゲビルゲ・アウエと練習試合を行い、ハラー(52分)、ヒルゴタ(66分)、ガジノヴィッチ(90分)の得点により、3−1で勝利を納めました。

今回の練習試合は通常の試合時間である45分を2本ではなく、3本:計135分で行われました。ニコ・コバッチ監督もFCエルツゲビルゲ・アウエのハンネス・ドレウス監督も多くの選手とフォーメーションを試すには十分な時間でした。

サン・ペドロのピナタル・スタジアムで行われた練習試合、アイントラハトは立ち上がりからボールを支配します。対するアウエはコンパウトに保ち守備を固めます。
1本目は、ウィレムスのフリーキック、アンテ・レビッチのシュートなのチャンスと作りましたが得点とはならず、対するアウエも16分、19分と立て続けにチャンスを作りましたがルーカス・フラデツキーを中心としたアイントラハト守備陣はしっかり守り、お互いに得点をあげることなく0−0で終了しました。

2本目は、レビッチの代わりにヒルゴタが投入され、それ以外の選手は続けての出場となりました。50分にハラーがペナルティエリア内からシュートを放ちますが、得点とはなりません。しかし続く、52分にヴォルフのコーナーキックを胸でコントロールし冷静にハラーが先制点をあげます。66分にヒルゴタ、90分にガジノヴィッチとアイントラハトが続けて得点をあげ、3−0で終了しました。

3本目は8名の選手が投入されました。その中には戦線離脱していたオマル・マスカレルやマルコ・ファビアンも名を連ねました。108分に失点を許し、3本目は0−1で終了しましたが、3本:135分通じてアイントラハトは3−1で勝利を収めました。

ニコ・コバッチ監督と選手たちは厳しい練習と練習試合を集中力を保ち、やり抜きました。月曜日にはフランクフルトに戻り、週末のSCフライブルク戦に備えます。

2017/18シーズンの後期第1節、FCフライブルク戦は1月13日(土)15時30分より行われます。

出場選手情報:

フラデツキー(91分:ツィマーマン)
ルス(91分:クノーテ)、長谷部誠(91分:チャンドラー)、サルセド(91分:ファレット)
ヴォルフ(82分:ダ・コスタ)、フェルナンデス(91分:マスカレル)、ウィレムス(91分:ブルーム)
バルコク(91分:シュテンデラ)、ボアテング(82分:ガジノヴィッチ、125分:鎌田大地)
ハラー(91分:ヨヴィッチ)、レビッチ(46分:ヒルゴタ、113分:ファビアン)

得点:

1−0 ハラー(52分)
2−0 ヒルゴタ(66分)
3−0 ガジノヴィッチ(90分)
3−1 マリア(108分)

シェア
ブックマーク