アイントラハト・フランクフルトのホーム

コメルツバンク・アリーナ
「ヴァルトシュダディオン」

ブンデスリーガのホームゲームは、フランクフルト・ザクセンハウゼンのコメルツバンク・アリーナ(旧名ヴァルトシュダディオン)で開催されますが、この競技場は2006年ワールドカップ(ブラジル対フランス戦など)でも使用されていました。クラブ自体は、全てのスポーツ施設があるリーダーヴァルトが本拠地です。現在、リーダーヴァルトでは修復工事が実施されていて、ユース・アカデミーも建設され、まもなくします。

アイントラハト・フランクフルトAGはこのクラブのプロサッカー部門のみを管轄する関連会社で、本部をコメルツバンク・アリーナの西ウィングに構えています。スタジアムに隣接するグランドではトップチームの練習が行われます。

スタジアム内には 歴史的アイテムの傑出したコレクションを誇るアイントラハト・フランクフルト・ミュージアムの他に観戦チケット用の売店を含む広大なアイントラハト・ファンショップも併設されている。

また、サッカー以外にコンサートやアメリカン・フットボールなどの様々なイベントを開催しています。