国際試合によるブンデスリーガ中断期間に日本代表がオーストラリアと対戦し、W杯出場を決めましたのでお知らせいたします。

 日本代表はオーストラリア代表に対して2対0で勝利を収めただけでなく、W杯の切符を手にするという大きな偉業を成し遂げた。試合はシュトゥットガルト所属の浅野拓磨が41分にこの試合始めてのゴールをあげ、82分に井手口陽介による素晴らしいゴールで2対0とした。長谷部は1試合通して戦い抜いた。

スイス代表のゲルソン・フェルナンデスは出場はなかったものの試合は3対0で勝利をおさめた。

 残り3名のフランクフルトの戦士がそれぞれの国を代表して戦う。レナト・ダダジョフ(アゼルバイジャン代表)はノルウェー代表と、エイメン・バルロク(U21ドイツ代表)はU21ハンガリー代表と、ルカ・ヨヴィチ(U21セルビア代表)はU21モルドバ代表とそれぞれ対戦する。
土曜日には、ルーカス・ハラデッキー(フィンランド代表)はアイスランド代表と、ミヤット・ガジノビッチ(セルビア代表)はモルドバ代表と、タワタ・タレブ(イスラエル代表)はマケドニア共和国代表と対戦する。

シェア
ブックマーク