フォワードのマイヤー・アレクサンダー(34)はバーゼルで手術をすることになりましたのでお知らせします。

点取り屋でチームの中心選手であるマイヤー・アレクサンダーは9月26日にバーゼルで右足の手術を受けることになりました。早期回復を考え、チームと相談の結果、手術を受けることになりましたが復帰の目処は立っていません。

クラブ役員であるロヴィッチ・フレディは「彼は私たちのキャプテンであり、ここまでクラブのために大きく貢献してくれた。クラブは今シーズン彼がピッチに戻れるように全力でサポートする。」とコメントを残しています。

マイヤー・アレクサンダーは2004年にアイントラハト・フランクフルトに加入し、378試合に出場し136得点をあげています。昨シーズンのDFBポカール決勝のボルシア・ドルトムント戦以来、公式戦出場はありません。

シェア
ブックマーク