アイントラハトはシーズン開幕に向けて、8月6日(日)にホーム、コメルツバンク・アリーナで開幕イベント及びFSV Frankfurt(ドイツ4部リーグ)と親善試合を行いましたのでお知らせいたします。

 本年度のシーズン開幕イベントとしてFSV Frankfurtとの親善試合、今シーズンの選手、スタッフ紹介、選手により指導などが6日(日)に行われ、40,000人もの観客が集まりました。

 メインイベントとなるFSV Frankfurt(4部リーグ)との試合では5-2と勝利し、来週行われるポカール1回戦に勢いをつける結果となりました。

 試合は先日行われた、リーガ・エスパニョーラのレアル・ベティス戦から選手を大幅に入れ替えて行われました。GKにはフラデツキー、センターバックにはクノーテとチャンドラー、右サイドバックにダ・コスタ、左サイドバックにウィレムス、ボランチにフェルナンデスとベシュコフ、右サイドハーフに鎌田、左サイドハーフにバルコク、前線にはハーラーとフルゴダの4-4-2のフォーメンションで試合に望んだニコ・コバチ監督率いるアイントラハト。

 前半開始早々チャンスを作ったのはアイントラハト、1分バルコクのスルーパスに抜け出したフルゴダがGKと1対1となるが、ゴールを決めることはできなかった。その後も試合を優位に進めるアイントラハト。7分、待望の先制点が生まれる。フルゴダのパスに抜け出したバルコクがシュートを放ち、1度はGKに弾かれるが、そのボールに走り込んで来た鎌田が冷静に押し込み先制に成功する。先制後もチャンスを作るアイントラハトであったが、なかなかゴールを決めれない。しかし21分、鎌田が中盤でうまくボールキープし、DFの裏へのチップキックでフルゴダの追加点をアシストし2-0と待望の追加点をあげる。その後もボールを支配し続けるアイントラハトではあったが、ゴールを決めることはできずそのまま前半を終える。

 後半開始早々の47分にはダ・コスタのクロスを鎌田がヘディングで折り返し、後半から出場してきた18歳のダダショフがゴールに押し込み3-0とする。64分にはガチノヴィッチがドリブルでペナルティエリア内に侵入し、相手DFのファールを誘い、このPKをベシュコフが冷静に右隅に決め4-0とする。しかし72分には相手のシュートコーナからゴールを決められ、4-1とする。81分にはロングボールに抜け出した鎌田が相手GKにうまく体を入れて、フリーのヨヴィッチがゴールを沈め5-1とする。しかし、その1分後の82分にはクノーテのクリアミスから相手にゴールを奪われ5-2とし試合はそのまま終了した。長谷部は欠場、鎌田は1得点3アシストの活躍を見せ、8月12日(土)のTuS Erndtebrück(ドイツ4部リーグ)とのポカールの初戦に向け弾みをつける結果となった。

スターティングメンバー: フラデツキー (46. ツィマーマン)  –ダ・コスタ, チャンドラー (35. ヴォルフ), クノーテ, ウィレムス (63. タワサ) – フェルナンデス (35. セティン) – ベシュコフ, バルコク (46. ガチノヴィッチ), 鎌田 – フルゴダ (63. ヨヴィッチ), ハーラー (46. ダダショフ).

得点:
1:0 鎌田 (7.)
2:0 フルゴダ (22.)
3:0 ダダショフ (47.)
4:0 ベシュコフ (PK, 65.)
4:1 Azaouagh (72.)
5:1 ヨヴィッチ (82.)
5:2 Namavizadeh (83.)

シェア
ブックマーク