イタリアのガイスでトレーニングキャンプ中のアイントラハトはベネヴェント・カルチョ(セリアA)と練習試合を行い1-1の引き分けでした。

第2次キャンプ中のアイントラハトはイタリアのボルツァーノのガイスでセリアAのベネヴェント・カルチョと練習試合を行い1-1の引き分けでした。

この日のアイントラハトは前節と大きくメンバーを変えてきた。Gkには去年の守護神であるフラデツキー、センターバックにはルスとセティン サイドには左サイドバックにウィレムス、右サイドバックにダ・コスタ、クノーテとフェルナンデスをボランチに配置し、その前のポジションに鎌田、バルコク、ヴォルフ、そして1トップにヨヴィッチの4-2-3-1のフォーメンションで試合に望んだ。

試合は前半13分にFkのチャンスをシュテンデラがシュートを放つが、ゴール上をわずかにそれてゴールとはならなかった。その3分後にはCKからクノーテがヘディングシュートを放つが惜しくもバーにはじかれ最初のビックチャンスをものにできなかった。合宿の疲れから、フランクフルトは相手にチャンスを作られる場面が目立つ。すると34分にCKから失点し、0-1となる。その後フランクフルトはシュテンデラが強烈なミドルシュートを放つが相手GKのスーパーセーブにより得点とはならずこのまま前半を終える。

後半フランクフルトはヨビッチのシュートなので、相手を脅かすがゴールとはならなかったが、75分途中交代で入ってきたガチノヴィッチがゴール前の混戦からシュートを放ち1-1とする。

試合はそのまま終了し、キャンプ最終試合を1-1で終える。

 

スターティングメンバー: フラデツキー (46. ツィマーマン  – ウィレムス (72. タワサ  , ルス, クノーテ, ダ・コスタ – シュテンデラ (79. ベスシュコフ 86. フェルナンデス , セティン – 鎌田 (62. ガチノヴィッチ , バルコク (72. ダダショフ), ヴォルフ – ヨヴィッチ.

シェア
ブックマーク