アイントラハトは、2014年に日本の滋慶グループと結んだ業務提携を2018年まで継続すると発表した。

 アイントラハト・フランクフルトと日本の滋慶グループとの業務提携は2014年に結ばれ、このパートナシップは2018年6月30日まで延長されました。日本の滋慶グループは、65校以上から成り、様々な職業研修を学生の提供しています。その中にスポーツやスポーツマネージメントの専門とする学校も存在し、そのひとつの東京スポーツ・レクリエーション専門学校とは、海外研修のサポートやアイントラハト・フランクフルトから指導者を派遣し指導者セミナーを開催などを通じ、多くの交流を図ってきました。
 今後もアイントラハトは、学生のフランクフルト訪問をサポートし、アイントラハトの育成施設を通じて未来のサッカー指導者、スポーツマネージャー、トレーナーのために場を提供していきます。
アイントラハト・フランクフルトのサッカー部門の役員であるアレックス・ヘルマンは、最初の新芽であった私たちの関係は立派な植物へと成長した。パートナシップから得たものはもちろん嬉しく思い、日本での私たちの知名度を上げ、私たちの理念を明確にしてくれるものだ。と伝えている。

シェア
ブックマーク